インプラントの基礎知識

インプラントとは、虫歯や歯周病、外傷などで歯を失った場合に、入れ歯のように取り外しする事なく、骨に直接維持を求めた人工の歯(人工歯根)のことを言います。
従来は歯を失った場合にはブリッジという、なくなった歯の両隣の歯を削って、無い部分の歯をつくったり、取り外しの義歯(入れ歯)を作っていました。ところが、簡単に治療が終わる反面、ブリッジでは失った歯を作る為に両隣の歯を削らなければならないので、削った歯の寿命が短くなります。また、取り外しの入れ歯は、堅い物を咬むと痛みがあったり、咬む度に入れ歯が動いたりして、必ずしも快適な使用感が得られる訳ではありません。

■ インプラントの構造

インプラントの構造
上部構造(人工の歯)
おもにセラミック素材のものを使用し、ほぼ自分の歯と同じぐらい自然に仕上げることができます。
アバットメント
インプラントと上部構造を接続するパーツになります。かみ合わせの状態によって、角度を微調整します。
インプラント(人工歯根)
顎の骨に直接埋め込みます。術後はインプラントと骨が強力に結合しますので、とれる心配はありません。

インプラントと他の治療法との違い

  • インプラント
    インプラント
    独立した人工の歯根を埋入するので、他の健康な歯に負担がかかりません。
  • ブリッジ
    ブリッジ
    両隣の健康な歯を削り支えにするので、両隣の歯に負担がかかってしまいます。
  • 入れ歯
    入れ歯
    健康な歯に義歯を固定するための金具が必要な為、支えとなる歯に負担がかかってしまいます。

インプラントの手術について

インプラントの手術は、通常1時間から2時間半で終わります。