インプラント治療の流れ

インプラントの治療計画は、術前の管理から始まり、通常は以下のようなステップで行われます。

インプラント治療の流れ

検査 : CT撮影,血液検査,唾液検査

検査・CT撮影正確な診査・診断のためには、高精度画像診断が必要です。少ないX線で高精度画像の撮影を可能にした歯科用CT撮影装置は、からだを輪切りの状態で撮影、見ることが出来ます。断層画像からは顎の骨の状態、深さ、厚さ、神経や血管の位置などを正確に確認することが出来ます。歯科用CT撮影にかかる時間は数分です。


ステップ2へ

診断

診断インプラント治療が成功するかどうかはこのステップでどれだけ正確な診断が出来るかに掛かっています。インプラント治療の可否、インプラントの長さや太さ、必要となる骨造成(補助手術)を検査結果を見ながら診断していきます。


ステップ3へ

カウンセリング

カウンセリング 治療計画の説明診断結果をもとに、コンピュータと歯の模型を使って一人一人の治療方法やそのためにかかる費用を説明します。治療に関しては、患者さんにも現在の状態や治療計画をよく理解していただき、治療を進めます。十分な御説明のもと、疑問点やご不安等などは担当の医師と遠慮なく相談してください。


ステップ3へ

インプラント埋入

インプラント埋入手術治療計画が決定すると、インプラント手術前の準備に入ります。まず、歯周病の初期治療および虫歯の治療を行い、お口の環境を整えます。
その後は、以下の手順でインプラント体を埋め込んでいきます。

  • インプラントを埋入するための穴を開けます。
    1.  歯茎を切開しドリルで顎の骨にインプラントを埋入するための穴を開けます。
  • インプラントを埋入します。
    2.  インプラントを埋入します。
  • 歯茎を縫合します。
    3.  インプラントを埋入したら、一度歯茎を縫合します。

  • しっかりとくっつくまで約2~6ヶ月間待ちます。
    4.  埋入したインプラントと顎の骨がしっかりとくっつくまで約2~6ヶ月間待ちます。その間仮歯を入れることができます。
  • インプラントにアバットメントを取り付けます。
    5.  インプラントと顎の骨がしっかりと結合しましたら、再度歯茎を切開し、インプラントにアバットメントを取り付けます。
  • アバットメントに人工の歯を装着し、完成です。
    6.  取り付けたアバットメントに人工の歯を装着し、完成です。

ステップ4へ

メンテナンス

メンテナンスインプラントを長期間良好な状態に保つためには、3ケ月に1度、最低でも半年に1回ぐらいのペースで医院でのメンテナンスが必要です。