インプラントの長所と短所

インプラント治療には、入れ歯やブリッジには無い素晴らしい利点(メリット)があります。しかし、同時にいくつかの注意点(デメリット)もあります。 事前によくご検討ください。
ここでは、そのいくつかをご紹介いたしますので、ご参考にしてください。

インプラントのメリット

[メリット1] 口元を気にせず、自然に話すことができる。
機能面はもちろん、審美性も非常に高い治療法ですので、今まで以上におしゃべりを楽しむ事ができ、表情も明るくなります。
[メリット2] 健康な歯を削る必要がなく負担が少ない。
インプラントは顎の骨へ直接埋め込むため、周りの歯を削ったりバネをかけたりして、傷つける心配がありません。部分入れ歯やブリッジとは異なり、残っている自分の歯を守る事ができます。
[メリット3]  天然歯に近い仕上がり。
インプラントは、骨に直接、インプラント本体が埋め込み、 そこに 人工の歯を装着するため安定感があります。 固いものでも自分の歯と同じように、 無理なく噛むことができますし、異物感もほとんどありません。
[メリット4]  噛む負担が分散され、歯全体が長持ち。
インプラントにより噛む力が分散され、他の歯の負担が減りますので天然歯全体の寿命が延びます。
[メリット5] 取り外しの煩わしさから解放される。
義歯の固定装置としても利用でき、入れ歯と違い取り外しの煩わしさから解放されます。

インプラントは天然の歯に近く、天然歯と同じように使えることから、「第二の永久歯」とも呼ばれています。

インプラントのデメリット

[デメリット1] 精密な検査が必要。
精密な検査が必要インプラント治療は精密な検査が必要な手術なので、CT,血液検査, 唾液検査などの精密な検査が必要となります。あいまいな検査から誤った診断をしてしまった場合、神経麻痺や最悪、命にかかわってしまいます。
[デメリット2] 設備によって治療に差が出てしまう。
設備によって治療に差が出てしまう後々、大きなトラブルになることを避けるためにも、感染症予防を徹底した 滅菌設備やいざというときの対処ができる設備の整っている医院である必要があります。 AED、心電図モニター、できれば外科的な手術をおこなう特別な個室がある医院をお勧めします。
[デメリット3] 医師の知識や経験で治療に差が出てしまう。
医師の知識や経験で治療に差が出てしまう医院選びの際にも重要な点になりますが、 インプラントは高度な技術を要するため、医師の知識や経験によって治療に差がでてきてしまいます。 よって、経験や実績が医院選びの重要な判断基準となります。 日本口腔インプラント学会の認定研修施設で年間100時間以上の インプラント治療を勉強して認証医や専門医を取得している先生もいます。 日々進歩する常に勉強している先生の所で、安全で長持ちする治療を受けましょう。 信頼のできる医院を選ぶためにも、情報収集を怠らないでください。
[デメリット4] 治療期間が長くかかる(個人差あり)
治療期間が長くかかる(個人差あり)一般的な治療の場合、インプラントが歯槽骨と結合する期間だけでも、 上顎の場合は約6ケ月、下顎の場合は約3ケ月が必要とされます。チタンは生体への影響、拒否反応が起こる心配はありません。しかし、メンテナンスなどを含め治療に長期間かかる事をご理解ください。
[デメリット5] 状態により適応とならないケースもある。
状態により適応とならないケースもある 妊娠中の人、25才以下の若い人や、コントロール不良の高血圧症、糖尿病など、感染に弱い持病のある方など、何かの持病があったり健康面で問題がある人はインプラントの治療を行えない場合もあります。少しでも危険性があると判断した場合は、専門医の意見を求めますので、持病の申告をお願いします。
[デメリット6] 治療費が高い。
治療費が高いインプラント治療は保険外治療ですので、かかる費用は高額になってしまいます。 その金額は医療機関によってばらつきがあります。経験や技術、設備やインプラントシステムによっても料金が大きく異なってきます。
[デメリット7] 定期的メンテナンスが必要になる。
定期的メンテナンスが必要になるインプラントは天然歯以上に、その後のメンテナンスが重要です。特に歯根膜がないことから、天然歯とは異なる配慮が必要となります。最も気を付けなければならないのは、体が不自由などの理由で、治療後のメンテナンスが出来ないような場合です。インプラントは治療後のメンテナンスが絶対に必要ですので、このメンテナンスに問題があるような人は、インプラント治療以外も視野に入れて歯科医院にご相談ください。

リスクに関しては患者様の状況を歯科医師がしっかり把握していれば、回避できるケースもあります。まずはご相談してみることをおすすめします。